店長です。

本当に暑くなりましたね。
このまま夏になったらどうなることやら・・・。

先月から当店でもクールビズをおこなっております。
こんな恰好で、失礼します。

どれだけ暑くても涼しげな
営業の大倉さんです。
クールビズ

また、この週末からショールームスタッフは
土日は
ポロシャツ スタイルでの応対させていただくことになります。
ご容赦ください。


外回りすると、お客様からは
「おたくらは涼しいところで仕事するからいいなぁ。」と
うらやましがられます。

でも、実際は営業マンは大変です。
車での外回りしてますが
車の冷房が効いてきたころにお客様の家に着き、
話終わったあと車に戻ると灼熱のような車内。
それの繰り返しですから
体温調節が大変。だるくなってきます。

そんななか、お客様に
「ご苦労さまやなぁ」「ありがとう」と言われると
よしっ、もうちょっとがんばろう!という気になります。

みなさまも熱中症などにならぬよう、
くれぐれもご自愛ください。
店長です。

こういう車業界にたずさわっていて
世間の人は知らないだろうから
知っておいてほしいなぁなんてこと
たくさんでてきます。

たとえば軽自動車税。
これは「市町村」に納めるってのご存じですか?
普通車が「県」税なのに、違うんですよ。

じゃぁ、引っ越ししたらどうなるか?
これは車検証に記載の住所の市町村に税金を納めることになります。
なので違う市町村に引っ越ししたら
住民票を移すのと同時に
車検証の住所変更を行いましょう。
当社でその変更手続きは代行いたしますので
ご相談を。

その自動車税ですが納入期限がきましたが
今年度のものは納められましたか?

自動車税を納めないと車検がとおらないってのは
みなさんご存じかと思います。

自動車税の振込用紙を持ってコンビニや銀行にいくと
税金は払えますよね。
その領収書についている「継続検査用」という
納税証明書の半券は
車検のときの必要書類となっています。

ですがたまに
納入期限を過ぎて7月のボーナスで支払われている方がいます。
ですが、その期限を過ぎて払った納税証明書では
車検に有効となる書類にならない可能性があるんです。

そりゃぁ、コンビニのレジのひとは
「はいはい~」とお金もらってポンポンと領収印を
押してくれるかもしれません。
でもそのレジ人って追徴課税があるかどうかって知らないんですよ。

しかし私ら車検を行うものにとっては
追徴課税がかかっている納税証明書では
車検を通すことができないんですね。

なので納入期限が過ぎた時期に納めた
納税証明書をお預かりしたときは
追徴課税がないか調べる必要がでてくるんです。

って、、なんだか難しい話になりましたかね。
本当は軽自動車税が上がるってことの
話がしたかったんですが、
それはまたの機会に・・・

みなさん、税金は期限内に納めましょー。
店長です。

春らしくなってきましたね

うちの店ショールームではこんな飾りつけをしました。
事務の金森さんの力作です。

シックなモノトーン
IMGP5384.jpg

艶やかな赤
IMGP5383.jpg

カラフルなピンクと紺のコンビネーション
IMGP5382.jpg

すっきりした空を思わせる白と青
IMGP5385.jpg

なかなかいいでしょ!?

ぜひ当ショールームへ力作を見に来てください。
おいしいコーヒーを入れてお待ちしてます。

あ、そうそう、
EKのミニカーだけじゃなく
実際の新車も見にきてくださいねーw
店長です。

お店にはいろんな方がみえます。
お客様もいろいろですが
今日はRED BULLの お姉さま
商品のアピールに来店。
(あー、しまった!
お姉さんの写真撮らせてもらえばよかった)

サンプルの缶を置いていってくれました。
ちなみにうちの店の
自動販売機でも買えますよー。
IMGP5373.jpg

レッドブルって最近よく売れてるんでしょうか?
CM見かけたりして驚いたりします。


あ、缶の表記を詳しく見ると
原産国はスイスだったんですねー。
アメリカか何かと思ってた。

一生懸命アピールしていた
お姉さんにも頑張ってもらいたいし、
私もこいつを飲んで決算、
頑張りたいと思います!
店長です。

昨日、商談にみえたご家族で
子供が3人みえました。

うちも3人の子供がいるのでなんとなく親近感。
ご両親が商談中、子供達はたいくつしてるかなぁ!?と思い
声をかけて一緒に遊んであげることにしました
「店長さん、忙しいのに(遊んでて)いいの?」
「うん、いいの。
だってこの店で一番ヒマなひとだから。」

お絵かきやオセロをして遊びました。
ひとりが「これどうぞ」といって
感謝状をくれました!

IMGP5258.jpg


いやぁ、うれしかったです。
一生懸命描いてくれたんですよねぇ。
こっちが子供に遊んでもらってたのに
逆に子供のほうから
感謝の気持ちを伝えたいだなんて。

心が洗われたような出来事でした。